荒木経惟 四面哀歌

NOBUYOSHI ARAKI SHIMEN AIKA

『ARAKI: effetto」イタリア・シエナ、「花幽」中国・北京、「Life by Film」タイ・バンコックで個展を開催中の荒木経惟による、アートスペースAMでの本展は、ポラロイド・ワークをフィーチャーします。

これまでも、ポラロイド作品をアレンジする斬新なアイディアで創り出す様々なシリーズ=作品をカットして二枚の断片をはぎ合わせ一枚の作品を創り出す『結界』『切真』、闘いの神阿修羅の三面にちなむ3点1組の『阿写羅』など・・・が、次々にAMで展示されてきました。

本展の作品は、4点で構成される『四面哀歌』。

かつての中国で、漢の大軍に四方を取り囲まれた楚の項羽が、漢軍から聴こえてくる楚の歌に、どれほど多くの味方が敵に取り込まれてしまったのかと落胆したという「四面楚歌」とは関係がありません。

作家の優れた構成力によって編まれた4枚組み作品100点が、それぞれに奏でる切ないメロディをご堪能ください。

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者: