荒木経惟「霊安冬春」 Nobuyoshi Araki : Reian Toushun

近作での登場回数が増えるごとに、姿を変貌させていった人形たちが白いボックスに納められた。次の出番を心待ちしながら、のたりのたり安らいでいるようでもあり、疲れ果ててお役御免を願いつつ束の間の安穏をむさぼっているようでもある。奇々怪々の風態で、夜中にこっそりと箱を飛び出し遊び呆けているのかと勘ぐったりもするのだが、霊安箱にたむろする彼らは、いずれにしろ、自身の秘密を誰にも語らず、冬を越す。柔らかな春の陽射しは、もう、すぐそこに。

荒木経惟「霊安冬春」2019年2月22日〜3月27日 13:00-19:00 月曜・火曜・3/7-8 休  @artspace AM

#302 Jingumae Shibuya-ku Tokyo 150-0001

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者: