石川竜一展の会期を延長いたします

ご報告がございます。
1. ご好評のため、石川竜一展を、12/18まで延長いたします。
2. 最終日となる12/18、15:00より、アーティストトークを行います。

トークは、ご参加いただく皆様からのご質問に、写真家が、回答していくかたちで
なごやかに進行いたしたく、ぜひ、石川さんにお聞きになりたいことを胸に、ご来場ください。

また、作家より、写真集に奮ってサインをいたします、とのことです。
もちろん当日お買い求めいただくこともできますし
ほかで購入されたご本をお持ち込みいただいても大丈夫です。

そして、トーク終了後には、ささやかなクロージングパーティを予定しています。

トーク、パーティ、いずれも、どなたでもご参会になれます。
ご予約も必要ありません。
*最終日は、パーティ解散とともに、展覧会を終了いたします。

尚、エプソンイメージングギャラリー・エプサイトでの展示は
変わらず、12/8 15:00まで(日曜休)です。
二つの展覧会をご覧になることにより、
本展作品群の層の厚みを、より深くご理解いただけることと思います。

石川展が、AMの2016年の締めとなります。
2017年は、1月11日、荒木経惟展「Last by Leica」とともに、新たな一歩を踏み出します。
この場を借りまして、皆様のご厚情に、心より感謝申し上げます。

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

作家・在廊スケジュール

石川竜一さんの、AMの在廊日時をお知らせいたします。

11月27日(日曜日)13:00〜19:00

皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。
(エプサイトは、日曜日休館ですので、ご注意くださいませ)

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

石川竜一写真展 okinawan portraits 2012-2016

11月18日より、気鋭の写真家・石川竜一による「okinawan portraits 2012-2016」を開催いたします。
『絶景のポリフォニー』とともに、木村伊兵衛賞の対象となった「okinawan portraits 2010-2012」に連なる新作が、最新写真集『okinawan portraits 2012-2016』として、刊行(赤々舎)されたことに併せ、故郷、沖縄の人々をファインダーにおさめたポートレートからセレクトされた60点を、二会場(エプソンイメージングギャラリー+アートスペースAM)にて、展観いたします。

034_op2-0000121-%e9%82%a3%e8%a6%87-naha-2012

056_op2-0003057-%e5%ae%9c%e9%87%8e%e6%b9%be-ginowan-2016

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

ARTIST STATEMENT

あなたは誰ですか。
私はこの景色です。
あなたは誰ですか。
私はこの音です。
あなたは誰ですか。
私はこの香りです。
あなたは誰ですか。
私はこの痛みです。
あなたは誰ですか。
社会です。
あなたは誰ですか。
歴史です。
あなたは誰ですか。
私はあなたです。
私は誰ですか。

あなたは私です。そして、私が決して知ることのできない何者かです。
あなたはここまで来て、ここから行くのです。

宇宙(ひと)の前に突っ立つ。
目の前の宇宙は二本の足によって世界と繋がっている。
目の前にも背後にも、見渡す限り世界が広がっている。
その世界もまた、幾重にも重なり宇宙へと繋がっている。
世界が生まれたとき、宇宙では何が起こったのか。赤ん坊が立つとき、世界で何が起こっているのか。

震える膝に力を込めて、朦朧とする意識を両手で整えて。手首で脈打つ両手では数え切れないほどの時間。
2つの目だけでは見渡すことの出来ないほど深い意識。
1.4kgの脳みそに詰め込まれた無限の存在と、そのなかで生まれる偶然と矛盾。
動き続ける世界ですれ違う宇宙。

誰もが孤独な宇宙の中で、その命を削ることによって存在している。
その星屑のように舞い上がる削りカスのなかに立ったとき、美しさを問うことはあまりに儚く、
自由を問うことはあまりに虚しく、正しさを問うことはあまりに脆い。
ただただただ。ひたすらに。
生きる術を探す。
私は私である。

石川竜一

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

RYUICHI ISHIKAWA profile

石川竜一 プロフィール

2014年の傑出した2冊の写真集により、30歳の若さで木村伊兵衛賞を受賞(2015年)。
破竹の勢いで進化を続ける、もっとも属目される写真家の一人。
生地・沖縄を原点に、活動エリアを広げ多数のメディアで取り上げられるも、
沖縄の透き通る海を想わせる深く美しい瞳に満ちる真摯さと好奇心の輝きは微塵も失われていない。

ryuichiishikawa_pfofile

1984年沖縄県生まれ。
2010年から写真家 勇崎哲史に師事。
翌年、東松照明デジタル写真ワークショップに参加。
2012年『okinawan portraits』で第35回写真新世紀佳作受賞。
2014年、写真集『絶景のポリフォニー』
『okinawan portrait 2010-2012』を赤々舎より刊行し、
第40回木村伊兵衛写真賞受賞。
2015年、日本写真協会賞新人賞受賞。

主な個展
2015年「zkop+」(沖縄 コンテンポラリーアートセンター)
2016年「考えたときには、もう目の前にはない」(横浜市民ギャラリーあざみ野)など。
主なグループ展
2014年「森山大道ポートフォリオレビュー展」(沖縄)
2016年「六本木クロッシング2016展:僕の身体、あなたの声」(森美術館・東京)
「野生派 夜明けの不協和音」(UTRECHT・東京)など。

2016年秋、赤々舎より新刊『okinawan portraits 2012-2016』を出版。

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

石川竜一のポートレート

気づいたときには、石川の肖像写真の中に取り込まれている自分がいる。
撮影している石川竜一のファインダーを通過して見ているはずが、
いつのまにか、その人と石川の中間に在って、双方の鼓動を聴き体温を感じている。
写り込む人々と撮る人の「現在」に向かって押し寄せる
思い出や心の揺らぎや日々の暮らしのあれこれのレイヤーの中に、織り込まれている。

人だけではない。
古びた家の軒先や人気のない庭、茂る木々からのぞく海岸線、一本の小道。
そこここを体感する。あたかも、その写真の胎内に孕まれてしまったかのように。

石川竜一は、沖縄に生まれ、沖縄から学んだ。
偶然カメラを手にし、自然児の本能に突き動かされて、人々や風景と真っ向から向き合う。
たがいの関係性を仲立ちするのは、
双方が身の内からあふれさせる生命力そのものであり、日常の営みが発散しつづける脈動だ。
おおいなる自然とリンクする原初のたくましさは、
ひたすら今を生きることに注ぎ込まれる欲望こそが、
我々をぐいぐいと前に(あるいは、其処ではない何処かへ)押し出す原動力なのだという
シンプルだがとても大切な思いを、新たにさせてくれる。

本尾久子(アートスペースAM ディレクター)

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

AM collaborates with epSITE and AKAAKASHA

同時開催:石川竜一展「okinawan portraits 2012-2016」
会期:2016年11月18日(金)~12月8日(木)
   10:30~18:00(日曜休)
アーティストトーク:11月19日(土) 15:00~16:00 石川竜一 with 本尾久子 
会場:エプソンイメージングギャラリー エプサイト
〒163-0401 東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル1階
TEL:03-3345-9881 FAX:03-3345-9883

DM_image

access
東京メトロ丸の内線「西新宿駅」2番出口より徒歩4分

都営大江戸線「都庁前駅」A1出口より徒歩2分

JR・小田急線・京王線「新宿駅」西口より徒歩8分

※JR新宿駅西口改札からは、ロータリー右斜め前方へ進み、
都庁に向かう動く歩道を抜けた右側の黒い高層ビルが新宿三井ビルです。

写真集:『石川竜一写真集 okinawan portraits 2012-2016』赤々舎 5,400円(税込)

bk-op2-02

写真集は、両会場にて、販売いたします。
作家在廊日時につきましては、逐次、ご案内いたします。

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:
imshu_03

淫秋展カタログ

「淫秋 般若心經惟」展のカタログが、入荷いたしました。

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:

荒木経惟 淫秋 般若心經惟 

このたびの荒木経惟氏による展覧会は
art space AMで催された「淫夏」(2015)「淫冬」(2016)の二つの展覧会に連なり
「淫秋」と命名されました。
常に、斬新で予想を超える最新作を発表しつづける荒木経惟の今作は
和紙にプリントされた写真に、書で「般若心經」をしたためたパワフルな初展観となります。
荒木氏の書は、本場・中国でも高く評価され、
カタログが版を重ね人気を博しているギメ美術館(パリ・9/5まで)での個展や
書によるNHK特集番組のタイトル文字など、世界中でアクティブに展開されています。
 これまでも、荒木氏は、永井荷風、種田山頭火、北斎ら先人による作品や
「往生要集」、「万葉集」、「梁塵秘抄」などに古典に感応し、
自らの心境を重ね合わせて、数々の傑作を生み出してきました。
本展作品も同様に、たゆまず新境地を追い求める創作への強い渇望を、漲らせています。
モチーフである教典「般若心経」は、『西遊記』の基となる『大唐西域記録』を著わした僧・玄装の訳した
全巻600から成る「大般若経」のエッセンスが、260余文字にまとめられ、
大乗仏教の根本として普及したもので
「般若」は智慧を、「波羅蜜多」は「悟りを開く」ことを意味しています。
幾多の解釈書のどれをひもといても、
この世のすべては「無」であり、悟りは自らの中にある。
なにごとにもとらわれることなく、自らの道を真摯に生きていきなさい、
というメッセージが、深遠な意味を持つという一文字一文字から浮かび上がってくるとあります。
荒木氏の、見事な表現力、斬新な冒険心とあいまって、豊かな活力が溢れます。
また、本展では、インスタントフィルム作品2点をカットして
ダイレクトに接ぎ合わせた最新作も同時に発表されます。
AMで発表された、コラージュ作品によるシリーズ「結界」(2014)「半夏性」(2015)に続く
作家の緻密な手作業から生まれた貴重な作品群です。

皆様のご来場を、心より楽しみにお待ちいたしております。

荒木経惟展「淫秋—般若心經惟」
NOBUYOSHI ARAKI exhibition IMSHU
2016年9月9日~11月11日(金)13:00~19:00 月曜・火曜休 
アートスペースAM 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-33-14 神宮ハイツ#302
curator HISAKO MOTOO

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者:
AM_本003S

AMノ本

暑さもなんのその、表参道は、お盆休みを目前に、常にも増して
活気にあふれています。

夏の間、AMでは、これまでに展覧会と併せ、出版レーベル・アイセンシアとともに
刊行してまいりました写真集より
『荒木経惟作品集 ー淫冬ー キンバク・エクスタシ−+花とヤモリンスキー』を
フューチャーする常設展を催します。

8月中のお休みは、原則として、平常同様に月曜日と火曜日ですが、
夏期休暇などで変則的にお休みさせていただくことがあります。
事前に、ご来場のお時間をお知らせいただけましたら、幸甚です。

In mid summer, we are showing our collection of
“Nobuyoshi Araki – IMTOU – Kimbaku ecstasy / Flowers and Jamorinsky”
which were featured in our previous exhibition and also the publication from AM and eyesencia (our publication label).

The opening day is Wednesday – Sunday (closed on Monday and Tuesday) as usual basically.
But, we will have short summer holidays during the show and close the gallery occasionally.
If you could let us know your convenient date/time to visit us in advance,
that would be grateful.

カテゴリー: AM | 投稿日: | 投稿者: